2010年03月19日

ストーカー認知、過去最多の1万4823件(読売新聞)

 全国の警察が昨年1年間に被害届けなどで認知したストーカー行為は、昨年より166件多い1万4823件で、2000年のストーカー規制法施行後、最も多かったことが警察庁のまとめでわかった。

 配偶者暴力(DV)の認知件数も前年より2948件多い2万8158件に上り、過去最多だった。

 同庁によると、ストーカー行為は加害者の約80%が男性で、年齢別では30歳代、20歳代、40歳代の順に多かった。相手は「元」を含め交際相手が全体の約52%を占め、知人・友人(約11%)や職場関係者(約9%)がこれに続いた。具体的な行為としては、「面会・交際の要求」「つきまとい・待ち伏せ」が多かった。

 認知されたストーカー行為のうち263件はストーカー規制法違反容疑で加害者が逮捕・送検されており、傷害や住居侵入、迷惑防止条例違反容疑など、それ以外の法令で摘発されたケースも759件に上った。

 一方、DVでは、2429件で加害者が配偶者暴力防止・被害者保護法(DV防止法)に基づいて裁判所から相手への接近禁止命令などを受け、傷害容疑などで摘発された容疑者も1658人に上った。

<茨城空港>開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)
舛添氏「新党つくるなら与謝野氏が先」(読売新聞)
「百点満点あり得ない」普天間移設で岡田外相(読売新聞)
「別れさせ屋」女性殺害で懲役15年判決(産経新聞)
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕−東京・練馬(時事通信)
posted by オンダ ショウイチ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。